株式会社丸定

TOP arrow 会社概要 arrow ISO関連

ISO関連

品質ISO9001:2008認証取得

ISO 9001 マネジメントシステム登録証 ISO 9001 マネジメントシステム登録証付属証

品質方針

「常にお客様及び社会の要望に合致し、ご満足いただける製品及びサービスの提供を通じ、真にお客様に奉仕する」を受けて、より源流での品質を確保し、安定した品質の製品とサービスを提供して、MPS活動を通し社会に貢献することを目指します。

行動指針

  1. お客様とのコミュニケーションを重視し、お客様の視点に立って、製品とサービスの品質を確保します。
  2. 品質、納期、コストを継続的に改善し、より多くのお客様のより大きな満足の獲得を目指します。
  3. 不適合の原因追及を徹底的に行い、作業手順、方法の見直し、再発防止と継続的な改善に努めます。
  4. MPS活動を通し、整理・整頓・清掃及び改善活動の活性化を図り、生産革新を行います。
  5. 真因の追究による本質改善を目指します。
  6. 各人が個性と能力を伸長し、新しい価値を創り出すことによって、お客様と共に栄え、よりよい社会の形成に貢献します。
  7. 顧客第一主義に徹し、常にお客様に満足していただける安全で有用な製品とサービスを供給し、社会に貢献することを目指します。

環境ISO14001:2004認証取得

ISO 14001 マネジメントシステム登録証 ISO 14001 マネジメントシステム登録証付属証

環境方針

株式会社丸定は、環境ビジョンの理念として、地球環境保全が21世紀における人類の最も重要な課題の一つであることを認識し、地球環境保全と将来の世代の夢が守られる持続可能な社会の義務にむけ、積極的に貢献を行っていく。

行動指針

  1. 地球環境保全活動を推進する組織を整備し、事業活動を通じ、省資源・廃棄物の削減を行い、環境保全活動の維持・向上に努める。
  2. 環境関連の法律、規制、協定の遵守と製品に使用される材料について、原材料購入から生産、出荷に至る全プロセスで環境管理物質を使用禁止とし、混入しないよう管理する。
  3. 事業活動から生ずる環境への影響を調査・検討し、生産・流通・使用・廃棄における環境負荷を低減するように配慮する。
  4. 設計段階での環境評価を行い、環境負荷の少ない生産及び製品の提供に努める。
  5. 内部監査により環境保全管理活動を確認し、管理体制の維持・向上に努める。
  6. 社員への環境保全意識の向上、環境管理に関する人材の育成を図ると共に、環境保全活動への参加を積極的に支持・支援する。

平成24年4月1日
株式会社 丸定
代表取締役社長 佐藤 良喜

MPS(Marusada Production System)活動

MPS活動イメージ図
活動内容 得られる効果
3S維持活動
  • 3S(整理・整頓・清掃)活動を実施する。
  • 様々な問題を発見する力や解決する能力が高まる。
  • 守ることを決めて、決めたことを守るという社風が生まれる。
  • 効率的な生産と管理が生まれる。
ATOM活動
  • 現場に答えがある。現場に一番近い社員の声を吸い上げる。
  • 問題点を全社員で共有する。
  • 継続的な小変が改革に繋がる。
  • 社内での自立心が育成され、業務への使命感や責任感を醸成できる。
  • 全員参加型組織へ変革できる。
生産革新活動
  • 全体最適を目指す、全員参加の改善活動である。
  • 日常の徹底的な無駄排除で効率化を追求する。
  • 効率化追求により、原価低減、リードタイムの短縮と活人化を目指す。
  • 改善の効果を経営の価値に変えていく。

Page Top